ナンピンとは?

FXの手法の一つとして「ナンピン(難平)」というものがあります。 「両建て」と同様、FXの禁じてと一般にはされています。

ナンピンとは、相場の動きが予想外になったときに、 ポジションのレートがマイナス状態でさらにポジションの追加売買を行うことです。 追加で買いポジションを持つことを「ナンピン買い」、追加で売りポジションを持つことを「ナンピン売り」とします。

損切りを行わずレートがマイナスになった状態で買うことで、 コストを平均的にカットする(平均購入単価を下げる)ことができます。 株取引やFXの入門書の中には、ナンピンをすすめている本も見られます。 相場の動向予想に慣れた人向きの手法といえるでしょう。

しかしナンピンを繰り返さないこと、 これが非常に大事なことです ナンピンは一見「買い下がり」と一緒の手法ですが、 その内容に計画性がないことから、 繰り返してはいけないとされています。

もちろんナンピンのすべてが悪いというわけではありません。 ルールや計画性のあるナンピンはきちんとした手法の一つです。 もともと「FX初心者はナンピンをしないほうがいい」とよく言われていたのですが、 ナンピンは上級者にとっても避けるべき手法であるとされています。

一度成功するとクセになって繰り返してしまう、 というトレーダーもいるようです。 しかしナンピンはリスクが高い割りに、 利益はそこまで大したものではありません。 くれぐれも、ナンピンを何度も繰り返さないようにしましょう。

って、一般的には書いてありますが、 私は資金管理と相場感がしっかりできているようでしたら、 ナンピンは利益増大の一手としてよく使用します。 しかし相場が逆へ走ったりすると冷や汗ものではありますが、 ロスカットは必ず入れるようにはしてます。